スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突撃!となりの新潟県

連日の暑さで汗はかいているはずなのに
一向に痩せる気配が無いタカパチです。
おかしい。何故だ。

さて、1週間前の話になりますが
新潟に「Fantasy On Ice 2010 in NIIGATA」という
アイスショーを見に行ってまいりました。

バンクーバーオリンピックで
活躍した選手が多数出演した
非常に見ごたえのある、豪華なショーでした。
キャーキャー言いながらペンライト振ったのなんて
松平 建が鶴岡に来た時以来ですよ。


それにしても新潟。
すぐ隣の県ですが、山形とはなんとなく
雰囲気も違いますね。

自分が旅行者となってみると
たった1度食事をするだけでも
「せっかくなら、その土地の名物を食べてみたい!」
と思ったり。

きっと庄内に来てくれた観光客の皆さんも
同じように感じているのかなぁ。
先日発行された「いごぜ庄内」
そんな皆様に活用していただければ幸いです。


さて、そんなこんなで
大変に充実した新潟遠征でしたが
帰りにはたくさんの思い出とともに、
両手いっぱいの・・・

若気の至り


ファングッズ。

その場の勢いって怖いよね・・・
これが若さか(違

(※以下言い訳)
だがしかし、怪我を抱えながらもフィギュアの未来のために戻ってきてくれたエフゲニー・プルシェンコ、他の追随を許さないスピンで世界を魅了したステファン・ランビエール、美しい4回転と華麗なステップが持ち味のトマシュ・ベルネル、独自の世界観が魅力のジョニー・ウィアー、この4人が一同に介するというだけでもこのショーがどれだけ凄かったかという話なのですが、やはりここで忘れてはいけないのが安藤美姫、村主章枝、鈴木明子といった日本の女子選手の華麗な滑りで、プログラムによってその表情から雰囲気、演技すべてが変わる表現力の幅というものを感じさせるとともに、来シーズンへの期待がいやがおうにも高まってしまうこの会場で、財布のヒモがちょっとばかし緩くなったり、見える位置につけるのがちょっとばかしはばかられる缶バッヂを勢い余って購入しちゃったりするのを誰が責められようか。いや、責められまい。たぶん。
(※言い訳終了)



《今回の教訓》
・観光客の方々には、土地の良さをいっぱい知ってもらおう。
・衝動買いは人類の悲しきサガ。抗うことは不可能と知れ。
・マニアックなネタをブログに載せると、怒られないかドキドキする。

comment

管理者にだけ表示を許可する

e-Towns2月号
e-Towns1月号
プロフィール

い~たうんず★スタッフ

Author:い~たうんず★スタッフ
いー街もっと楽しもう!山形県庄内地方の無料情報誌『e-Towns』編集室からお届けします。笑いアリ、涙アリ?e-Towns制作の裏側をのぞくことができるかも★☆★コメントもお待ちしてま~す!

(お寄せいただいたコメントは自動公開しておりますが、編集室で第三者の誹謗、中傷と判断した場合には削除いたしますのでご了承下さい)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
QRコード
QR
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。