スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんざぶろ 「夜桜と悲恋物語」

が早くも散り始め、葉桜が見えてきている鶴岡だが、
本日は編集室のお花見の日よっしゃ。

東北地方は大雨の予報だということだが、
晴れ女のかんざぶろ、力を振り絞り、かろうじて曇りにとどめさせている。

さて、東海林から「お花見」のお題が出て、
ぎゃっと思っているかんざぶろだが、酔わないうちにブログ書いとこう。

記憶の糸をたぐりよせ、過去の桜を思い浮かべてみた。

記憶をたどれば夜桜を初めて見たのは中学のとき。だったはず。

彼氏とたしか「稲垣潤一コンサートを見た帰りだったような。
(当時「鶴岡音鑑」なるところがあって、頑張ってチケットとったなあ~中学生ながら)

鶴岡公園に寄って暗い空に浮かび上がる桜の美しさに感動。
こんな夜に親なしで出歩いている自分。
大人になったような味わい


彼氏と将来のことなど語りながら、
鶴南、鶴工の高校前のお堀をひとまわりすることに。

人通りがとだえ、ロマンチックな雰囲気。
お堀のぼんぼりの明かり、
さあ~てドキドキしてきた
かんざぶろ


しかし、人生には常に「落とし穴」


突然、暗闇から大音量
ぶ~ぶ~
むおーうむおーう
ぶ~ぶ~ぶ~ぶ~ぶ~
えんえんと続くその、田舎の牧歌的な風景を思わせる音
なにコレ?誰のブーイング

駅前に住んでいた都会派かんざぶろは、そんな生き物が存在することを初めて知る事に。。。

「うしがえるの大群が堀の中に!

かんざぶろの「淡~い」桜の思い出。。。

その後大人になってから、夜桜を見に行ったが、あの時ほどの感動は味わえず。
感受性が鈍ったのか、はたまたあの時の苦い思い出が影響しているのか。。。

theme : 過去を振り返る
genre : 恋愛

comment

管理者にだけ表示を許可する

e-Towns2月号
e-Towns1月号
プロフィール

い~たうんず★スタッフ

Author:い~たうんず★スタッフ
いー街もっと楽しもう!山形県庄内地方の無料情報誌『e-Towns』編集室からお届けします。笑いアリ、涙アリ?e-Towns制作の裏側をのぞくことができるかも★☆★コメントもお待ちしてま~す!

(お寄せいただいたコメントは自動公開しておりますが、編集室で第三者の誹謗、中傷と判断した場合には削除いたしますのでご了承下さい)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
QRコード
QR
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。